мечта

ねてもさめてもゆめをみる

ファンレターあれこれ +α

久しぶりに何か書きたいなーと思って、でもまあ別に書きたいこともなくて、そんな中さっきまで久しぶりに初めましての人にファンレターを書いてたので。


内容はこちらを参考にさせて頂きました。

若手俳優に渡す手紙の内容 - STELLA



1.宛名

封筒の宛名も手紙の書き出しで1番上に書く名前も基本的にフルネーム+さんorくん。年下の男の子に送るときは「くん」でそれ以外は基本「さん」。

郵送で送るときは「様」だけど、郵送で送ったこと、今のところ二次元アイドルにしかないです。今回初めて書いた人は次の現場予定がないので郵送で送るけど。



2.書き出し

人によって固定にしてる。特に向こうが認識しやすいからとかではなくて自分が考えなくて良くて楽なので…
○○さん〜〜〜、△△(自分の名前)です。みたいな感じ。名前は基本は本名下の名前、別の名前で認識されてるときはその名前で。本名書くときは漢字じゃなくてひらがなにする。誤読されることが多いので。



3.内容

だいたい直前のイベントの感想から始まる。
●●お疲れ様でした〜〜とか。同じ公演複数回入ってた時は感想と好きなところとか。
とにかくここが良かった、ここが好き、楽しかった、かっこいい、かわいい、そういうの。

基本的に好きなところしか書かない。推しへの感謝をひたすら述べる。プラスの感情しか伝えない。そもそも推しに対してマイナスな感情を抱くことがほとんどないから当然かもしれない。どうかんがえても盲目。

あとはまあ共通の話題があればそれについて。今期のアニメの話とか。


気をつけてることは誰に読まれても困らない内容にすること、基本ですます調であまり砕けないようにすること。当たり前かもしれないけど。

ラブレターなんてノーサンキュー、ファンレターならオーケー、って某とらいしくんも言ってるのであくまで役者として演者として好きだよ〜って書くようにするのも心がけてますけど気持ちが高ぶるとラブレター寄りになる。

ペンは基本黒のボールペンです。細いやつ。
今はパイロットのjuice upの0.3を使ってます。すこし書き出しがかすれる時があるけど書き心地が好きです。


4.締め

これは固定じゃないなあ。その時々によって変わるしあんまり考えて書いてない。
次の予定決まってたら○○楽しみにしてるねとか体調気をつけてねとか今日も大好きだよ〜〜〜!!!!!みたいな文で終わることが多いです。

あと絶対日付入れます。その日の公演名・場所も書きます。どの時期にもらったものか多少でもわかりやすくなるといいなと思うので。
同じ理由で封筒の裏面にも名前と一緒に日付・公演名・場所は入れます。

名前は下の名前だけだったりフルネームだったり、プレボに入れるときは基本住所書いてません。郵送の時は書く。



5.手紙を渡す頻度

書きたいと思った時に書いてるから頻度は少ないです。
数ヶ月空く時もある。
けど書きたい時はマチソワ間で書いたりもします。

手紙が届いたかどうか、読んだかどうかの確認をしたことがないのであんまり頻繁に送るのもなあ…って考えてしまう。まあべつに好きに送ればいいんだと思う。



6.手紙の量

基本的に便箋2〜3枚。
2枚目の最後までか3枚目の2/3に収まるくらい。

下書きしないで書くから3枚目の2行目とかで終わるとめちゃくちゃ焦りながらどうでもいい話を追加します。

思ったことぱぱって書くからかける時間は大体30分〜1時間あれば多い方。
家の中だと集中できないからよくカフェで書いたりしてます。行きの新幹線の中とかで書いたこともあるけどすごい揺れたからもうやりたくない。



7.手紙の種類

雑貨屋さんで売ってる市販のもの。
大体レターセット、気分が乗ったら便箋と封筒がわかれている少しいいやつ。

一時期罫線がない便箋が好きだったけど読みづらいなーと思ったので今は罫線があって行数が適度に多いのが好きです。すかすかだと枚数が増えるので。

キャラ物はほとんど買わないで、無地でたくさん入ってるのばかり選んでます。
デコったりするのも苦手なのでおもて面にも相手の名前しか書かない。
人によって変えたりもほとんどしないかも。使い終わったら次のを買います。

封筒をとめるシールに困る。貼らないのもぺらぺらして個人的に嫌だし貼って封筒開けづらくなるのも嫌。粘着力の弱いのをふたつぺたぺた貼ることが多いかも。おすすめある人は教えてほしい。




↓ここから自ジャンルのダイレクトマーケティング


番外編.今まで渡した変な手紙


上記の手紙の相手は俳優だったり声優だったりアイドルだったり男女入り乱れてるので固定の人物に向けてじゃないんですけど、彼ら彼女らに変な手紙を渡したことはないです。

んで別に変な手紙ではないんですけど二次元アイドルにひたすら手紙を送ってた時期があります。そのアイドルってこちらなんですけど。

Frepというアイドルを知ってほしい。 - мечта

手紙ってそもそも本人に読んでもらうために書いて送っているわけで、彼らは二次元だから存在してないんですよね、いや存在してるんですけど、私は存在してると本気で思って本気で彼に対して手紙書いてたんですけど。
2週に1回くらいの頻度で1ヶ月半の間に4通。最長で便箋7枚。おそらく推しのかわりに読んでくださっていたスタッフさんには感謝してます。まあ推しも存在してるんで読んでくれてるんですけどね!

ちなみに今はもう手紙を受け取ってないので送ることはできないんですけど、送れない期間に入ってから最高にポエムな気分になって2000字弱のラブレターを書いてプライベッターにアップしたことがあります。

閑話休題

彼らは個人のツイッターアカウントを持っていて、当時はファンに対してフォローやリプライを返してくれたりしてたんですね。
私の推しはほとんどリプライしない人だったんですけど最初の1通にだけお返事を貰いました。内容に対してではなく便箋がきれいですねみたいなリプだったけど泣くほど嬉しかった。

なにが言いたいかと言うと彼らは最高のアイドルなのでこの記事を読んでくれた方はぜひYouTubeで試聴動画を見てみてください。

おすすめはセカンドシングルの「告白TO→Chu」です。告白途中、告白とチュウ、をかけたかわいらしいポップなアイドルソングです。よろしくお願いします。

Frep(フレップ)「告白TO→Chu」試聴サンプル - YouTube


ちなみに1stシングル「恋のワンダーランド」

Frep(フレップ)「恋のワンダーランド」試聴サンプル - YouTube


3rdシングル「5Night Circus」

Frep(フレップ)「5Night Circus」試聴サンプル - YouTube


もあります。どれも10分超えの大ボリュームです。
いいなー!と思った方は曲だけiTunes Storeで販売されてます。250円で買えます。

生態が気になった方は公式ツイッターをフォローしてみてください。

Starburst!(スターバースト!) (@FIN_Starburst) on Twitter

あと「スターバースト starburst まとめ」とかで検索するとファンが書いたブログやらまとめやらが出てくると思うのでぜひそちらもよろしくお願いします



どう考えても下の部分が書きたかったにすぎないブログでしたが手紙を書くのは好きです ほんとです


それでは乱文にて失礼致しました。

2016年現場備忘録 下半期 と 思うこと

つづき 上半期はこちら

7月
2016年唯一のオタク病み期、2週間で終了。
キッズフェスで久しぶりにエビダン曲を聴いたけどやっぱりいいなー!けもぱんたのしい。ボイメン研究生も楽しいけど本現場じゃないから楽しさが味わえてる気がする。

現場数:4

8月
就活おわりました。久しぶりにたくさん現場に行けて精神が安定した………誕生日の現場はちゃおフェスでした。人権なかったけどいろんな意味で楽しかった、女児がたくさんいました。フラゲ日にいいことあったからとんとん。
あとカスタマイZが解散しました。さよなら私の本現場、私のいちばん好きだったひと。2年間たのしかったのは間違いなくカスタマイZのおかげでした。ひとりで行ってた現場に友達がたくさんできました。約束しなくても行ったら誰かに会える、一緒にライブが見られる、そんな空間が大好きでした。山中湖で最前から後ろのスペースまで抜けてってコスプレイヤーとサークルしたり*1、雨の中走り回ったり、全部たのしかった。行った現場でたのしくないなんてことなかった。解散ライブで幕が上がる前から泣いて、嗚咽あげながらコメント聞いて、今でもたまーーに思い出し泣きをする。楽しいと悲しいと悔しいが混在したライブだった。本気で大きくなってほしかったし、本気でアニソンで天下獲ってほしかったし、本気でさいたまスーパーアリーナでワンマンやってほしかった。アニサマで大トリ飾ってほしかった。それでも思い返すとこの2年間幸せだったから、楽しい思い出ばっかりだからそれでよかったんだと思うことにしてる。
最後に推しパートでリフトしてもらえたのは一生の思い出にする。スタッフさんにはそのあと注意されました。

現場数:11

9月
なにしてたんだろう。ボイメン研究生を観に行きました。バナナを振り回して翌日には潰した。
あ、えびちゅうさんを見ました。仮契約すき!あとオタクさんが身につけてるグッズがかわいい。

現場数:2

10月
わらわら楽しかった!嬉しいことがいっぱいあった!私物サインも楽しかった!おわり!

現場数:2

11月
出会ってから1年記念。列が短いからループに厳しい…。
あと久しぶりに名古屋遠征。初めてテレビ塔で研究生見たけど知り合いがいればどこでも楽しいんだなあ。1年半ぶりにゆかりんにも会えました。なにはともあれ近さは正義、だけでは乗り越えられないこともあったけど、やっぱ世界一かわいいんだあ〜〜〜〜。わっしーありがとう。

現場数:5

12月
田村ゆかりさんFCイベント両国、枡席回避で通路後ろの通路側とかいうめちゃくちゃ過ごしやすい席でした。名古屋よりも改善されてるところがたくさんあってイベント自体も面白くなってた。ゆかりんのおしりふりふりはかわいい。
ここからちょっと長いです。
今年の現場納めはA応P、悲しみの詰まった山野ホール*2での昼夜公演。今回もメンバー2人欠場で払い戻し対応有。なぜこうも歴史は繰り返すのか。
正直席もそんなによくなくて、ほぼ平面のホールで指定席で、キャパも今までの中で最大。楽しめるのかなあと不安もあった。けどメンバーの頑張ってる呟きを見て、ネガティヴな事を考えるのは極力やめようと思った。今出来る限りを見せてくれるんだろうと思って向かった。結果、昼も夜もしっかりハードルを跳び越えてくれた。フォーメーションも歌割もたくさん変更点があって、でもそれを改善してきたという努力の跡があった。間に合わなかったんだろうという曲はお立ち台を使ったり客席降りをしたり、できないならできないなりのことを!という工夫が見て取れた。完璧ではなかったと思う。でも今出来るぜんぶが詰まった本当に良いステージだったと、私は思う。
クソオタクみたいな感想残しとくと後方とはいえ立ち位置取れてたので見つけてもらえて嬉しかったです。
私は「頑張る女の子」に弱い。「頑張る男の子」にも弱い。その頑張りが嫌味にならない子が好きだ。きつくてつらくて、それを見せちゃいけないと思って、でもやっぱり苦しくて。それを吐露しながら涙を流すこの子たちを来年も応援したいと思いました。

現場数:3

総現場数:57 前年度比:−7

本現場をなくした悲しみと新しい現場を開拓する元気のなさで後半の失速具合がすごい。
推しがいるのは当たり前じゃないんだなあって実感したし、それでいてその子がわたしの名前を覚えていてくれたり呼んでくれたり、なんてことない普通の会話ができるってめちゃくちゃ幸せですごいことなんだなって思いました。
アイドルのオタクになってからスタンスが今までの2次元オタクとか声優オタクとかで過ごしていたときと変わってきていて、それが少しこわいなあと思う。俳優のオタクしてた時もあったけど私の好きな人は接触イベントほとんどやらなかったし、手紙書いたりたまーにだけどプレゼント買ったり、でも認知なんて考えたことなかった。お金かけられないオタクだったからかな。今でもそうだけど。義務と権利の問題か。
なまじっか会話がかわせる分、見るんじゃなくて見られにいくというか、認識されにいくというか、そんなことを多少なりとも思ったりもする。前入って、見つけてくれて、レスが来るとうれしい。でもたまに後ろの方でレスを気にしないで眺めて、楽しそうにしてる推しを見るだけでああ好きだなあって思える自分にほっとする。見返りがなくても好きでいられる、と思う。
支えになれてるなんて思ったことないし、常に支えてもらってると思ってる。けどその気持ちが重荷になったら元も子もないなーというか、それを悟られてはいけない気がする。話せる分余計そう思うのかな。でもやっぱり挨拶とかブログで支えてもらってるって言ってくれるの、嬉しかったりするし。手紙かくと重たいことばっかりになっちゃうんだけど。むずかしい。*3
「アイドル」と「ファン」の間にあって然るべきの距離感をしっかり保ちつつ来年も楽しく仲良くオタクしたいです。仲良くって時点で履き違えてる…

2016.12.30 加筆修正

*1:私は日吉若の背中を見ながら走ってた

*2:カスタマイZの2周年記念ワンマン、ボーカルのHAMAくん欠場で払い戻し対応有

*3:直近の手紙はアホみたいに明るく書きました

2016年現場備忘録 上半期

きおくめも わたしがわかるように書いてるだけ

1月
現場始めぜんハリ。知ってるおたくの方々と後ろの方で騒ぐのは楽しいです。いつまでたっても新規なのでよことらとゆましげからのレスをありがたく頂いた。
ユーキくんの生誕はドリンクカウンターにもたれながら見てたけどほんっとうにかわいいね かわいい 干しててごめんね…という気持ちになった。それ以降も干し続けてごめんね。真冬にきくサマラブは良かった。初めてサイン入り生写真を出した。
ふくおさんとあんすたの話しはじめたのここらへん〜!推しはまだ決まってなかったけど司くんが好きかもって言ったら人気だから大変だよってしみじみとした声で言われた。わかるそれな。

現場数:5

2月
777人集めたぶれいずはアツかった。最前最下手で集合写真には写らなかった。キラキラしてていいライブだったな〜って今でも思う。
あとは久しぶりにひろきくんに会いました。現場始め?なのか?カテコで愛されてるのがとてもよく伝わってきていいなあ〜ってしみじみした。こい!カスタマイZ!のアドリブはわりとじーんときた。その前のぜんはりでゆうくんを見ました。

現場数:6

3月
入りのふくおさんが投げキスしてくれたの嬉しくていまでも覚えてる〜。リクルートスーツの似合う女になれたでしょうか。ここらへんの接触メモ、ものすごくESの下書きが混ざってて見返したら病んできた。全部落ちた企業だわ!
あとFrepのデビューと光くんのお誕生日だね。ばたばたしたけど思い出深い月でした

現場数:3

4月
とらいしくんの誕生日でわたしのこと思い出す推しめっちゃかわいくない?なおどちらもとらいし推しではない。生誕もいいとこで見れて楽しかった。
ランズくんのお渡しも行ったんだけどめちゃくちゃいい人だった。ふくおさんの話もしたんだけどラインでシメるって言っててめちゃくちゃ沸いた。私が。
クラゲの上映会で今年初吾郎くん。初推し。4月に新年のご挨拶。スクリーンが見れない吾郎くんかわいかった…司会がわっしーでよかった。リリイベも始まってカスタマイZ再始動、楽しみではあったけど不安もあった。けど相変わらずの楽しさを感じさせてくれるからカスタマイZが大好きだ。MCハマー神がかってるよ!年齢を鑑みず制服を着ました。

現場数:8

5月
記憶がおぼろげ…
二次面接いって2現場回してバスガに会いに行った。
カスタマイZのリリースイベントが終わった。あっという間だった………楽しい夏をお過ごしくださいって言われたけど楽しい夏はきみたちと過ごしたいんだよ。過ごすつもりだったんだよ。

現場数:6

6月
おたくおやすみ。ルーファ広場を走り回るぜんはりはエモかった。ゆうくんは今日もいた。

現場数:2


下半期は現場納めしたら書く。

雑記

Frepの2ndシングルが発売して1ヶ月が経った。
前回ブログを書いたのが2016年の1月だったから、それから11ヶ月。ずいぶんいろんなことがあったなあと思う。

恋のワンダーランド*1の試聴が始まって、CDとして発売されて、告白TO→Chu*2の発売が発表されて、結成から1年を迎えて。

CDの発売もすごく嬉しかった。この世に存在するあかしだから。ツイッターにもフレタイ*3にもスレラジ*4にも、ぜんぶに声がついたから。話し方が、声が、文字を追うだけで再生できて、しかもそれが公式であることの幸せに浸った。

でももしかしたら一番胸がぎゅうっとなったのはAGFの発表だったかもしれない。去年、まあいろいろあってちょっと離れ気味だったのもあるからいつなんのグッズが発表されてたとか正直覚えてないんだけど、くじとかアクキーとか羨ましいなあと思いながら見てた。Frepがいる缶バッジがあるのも知ってたけど、AGFには行かなかった。
(くじの在庫がやばかったのは当日の阿鼻叫喚のTLでなんとなく察してた)

それで今年、AGFが発表されてラインナップが出て、当たり前だけどFrepがいて、くじもあって、会場では去年のいまごろには出てなかったCDが販売される。しかも発売日。
ああ嬉しいなあ、と思った。
なんとなく、S+hに並べたのかなあと思った。

ネガティヴな感情じゃないといったら嘘になるんだけど、でも彼らがいるからFrepたちがあとを進めるわけで。嬉しいなあと感じる反面悔しいなあとも感じていたんだと思う。

ぱいどぱいぱーはかっこよくて悔しい!!!!!ってなりました 4枚目のすぷしゅ兄さんだから出せるかっこよさだと思います ネコ旅はいまきいてる途中です……

そういえばAGFでは久しぶりに光くんにお手紙を書きました。書けないものだと思っていたのでお願いしてくれた人には本当に感謝しています。ありがとうございます
恋ワンが発売されたあとに誕生日おめでとうも兼ねて1回メールで手紙出してたんだけどやっぱり便箋で書くのって違うなあと思う。どきどきしながら当日渡したけど受け取ってくれて安心しました。当たり前かもしれないけど。



特に目的もなく書き始めたからオチもなにもないんだけど、なんとなく現状を書き起こしておきたかった。
9月からはでいりーひかるんも始まって推しが毎日ブログを更新してくれる。なにも情報がなかった日々に比べたら天国かと思う。3枚目のシングルでどういうことしてほしい、って聞いてくれるのも嬉しい。フレタイでどんなデートしたい?って聞いてくれるのも嬉しい。この先のことを一緒に考えていてくれるのが嬉しい。

スタバスと同時期に出会った、わたしのだいすきなアニソンロックバンドは解散した。推しの進退は未だ未定、というか知らされていない。このまま芸能界に残ってくれるのか、一般人になるのか、していいのかわからない期待を胸に刀剣乱舞花丸の合間に流れるCMを眺めて苦しくなる。もはや最近はCMを見るのも飛ばすのも憚られてGYAOで配信されてるのを見てる。
彼らの活動が少なくなるにつれて救いを求めて好きになったグループは、わたしが好きになってからひとりが脱退したしふたりは活動休止だ。

2次元も3次元もなにが起こるかわからない。急に推しに会えなくなる可能性はいつだってある。

この先も私にできる応援をできる範囲でやっていけるおたくでありたいなあと思う。2017年、楽しかったなあと思える1年になりますように。

*1:https://youtu.be/YhETzDEU-Mk

*2:https://youtu.be/XZW2rE_tGMY

*3:フレップタイム。アプリ内イベント

*4:ツイッター上で繰り広げられるラジオ

Frepというアイドルを知ってほしい。



私が今一番応援している、株式会社ニノヤによるアイドルプロジェクト、「Starburst!」。
そのプロジェクトから私の推し、佐藤光くんが所属するユニット、「Frep」が3月30日に満を持してデビューします。
なのにこんなに盛り上がってないなんておかしい!こんな輝いている子たちを知らないなんておかしい!!!!!!人生損してる!!!!!!そんな感じで書き始めました。

「Starburst!」スターバースト、略称スタバス。
聞いたことがない人も多いでしょう。
それは、2014年の夏に行われた二次元アイドルのデビューをかけたオーディション企画のタイトルです。17人のファイナリストたちが、ブログやツイッターを通して60日間私たちファンにアピールをし、ファン投票で上位になった6人だけがデビュー(アプリゲームへの登場、cvをつけてのCD販売など)出来るという企画です。
うた○リみたいな、ダイ○ーみたいな…それよりももう少し身近でフォローやリプライが返ってくるようなツイッターを使った戦法でリアルに存在している感が強みのアイドルプロジェクトです。
私たちファンが架空の公演をまるで本当に存在したかのように盛り上げ、アイドルにリプライをし、それにリプライを返してもらうという次元を超越した遊びでした。改めて書くと本当にすごい企画だなあ…

紆余曲折を経て、その上位6人はS+h(スプラッシュ)というグループ名でデビューをします。さらに7〜同率10位までの5人は救済措置としてバックダンサーグループとして生き残ることを許されました。


ほらもう長くてめんどくさいと思ったでしょ!2014年からなのに今から入れるわけないと思ったでしょ!!!!
そんなことありません、再来月にデビューするユニットがあります。それが先程のバックダンサーグループであるFrepです。

今回は私の推しを知ってもらいたい!という思いで書き始めた記事なのでスタバス企画の詳細も先輩ユニットのS+hのことも割愛します。

最後に公式のURLを載せておくのでぜひみなさん最後まで読んで頂けると嬉しいです。



さてさて、さっそくFrepの話に移りたいと思います。

f:id:khsm-82:20160128014317j:image

メンバーは
長谷川創多、広沢悠真、羽白沙螺、佐藤光、譜久山奏斗
の5人で構成されています。
うち広沢悠真を除く4人はFIN(彼らが所属している事務所です)の研修生でした。J事務所のジュニアみたいなもんです(多分)。

f:id:khsm-82:20160128014252p:image
Frep(フレップ)というグループ名はファンからの公募により決まりました。

freshとprismという単語から成っています。
プリズムのきらめき感じられそうじゃないですか!?
ちなみにFにはfiveの意味も持っているそう。5人ですからね。

ファンの名称はキャンディです。甘ったるくてかわいいですね。
このデザインロゴはメンバーの譜久山奏斗くんが考えました。
「都会的な、新鮮な、かわいい」がコンセプトです。
私たちファンを表すキャンディもロゴに組み込んでくれるなんてさすが奏斗くん。好きだ。


ひとりひとりの紹介をしたいと思います。左上の子から順番に。

※完璧に主観です。各担当の方でお気を悪くされた方がいたらすみません。

f:id:khsm-82:20160128015116j:image
長谷川 創多/はせがわ そうた (cv.梅原裕一郎)
1997年7月10日生まれのかに座A型、18歳。
身長185センチでいい声と評判です。
それで梅原くんだよ!?もうみんな創多くんのこと好きでしょ。
黙って見てれば美少年、喋るとただのアイドルオタク。白米好きな1年生を推すラブ◯イバーです。
勉強できるし社交的です。この度無事に志望の大学に合格しました。春からは晴れてアイドルと大学生の二足のわらじを履く事が決定してます。頑張れ創多!
光くん(後述)とは幼馴染です。
ですます口調で話すことが多いです。まとめサイト見てるんだろうなーって言動が多々あります。


f:id:khsm-82:20160128031620j:image
広沢 悠真/ひろさわ ゆうま (cv.佐藤拓也)
1994年5月18日生まれのおうし座AB型、21歳。
最年長、Frepの副リーダーです。
創多と同じく185センチでFrepのツインタワーです。私が勝手に呼んでるだけです。多分。どこまでが公式でどこからが創作かわかんなくなってるとこある。
「戦慄のパーフェクトスタイル」とかいう恐ろしいキャッチフレーズを背負ってますがモデルをやっていただけあってほんとにかっこいい。
元天才子役でしたが色々あって海外に行ってました。今回のオーディションで日本に戻ってきてます。オーディションには途中参加でした。これにも色々ありました。色々あった、便利な言葉です。
メンバーの創多くんと光くんからはゆまディーと呼ばれてます。夜中に出歩くと職質を受けます。あんまりお酒には強くなくてよく酔っ払ってます。

f:id:khsm-82:20160128032309j:image
羽白 沙螺/はしろ さら (cv.代永翼)
1997年2月13日生まれのみずがめ座AB型、18歳。
身長171センチ、趣味は空想デッサン。
見てくださいこの個性の塊!
Frepを見たらまずサラくんに目が行きます。行くはずです。行くだろ。
自分の世界観を持った、芯のしっかりした子です。
「一緒ニ逝コウ…」などのカタカナ使いが独特で魅力的です。
奏斗くんと仲がいい。

f:id:khsm-82:20160128033611j:image
佐藤 光/さとう ひかる (cv.上村祐翔)
1998年3月18日生まれのうお座のB型、17歳。
身長172センチ。オーディション期間よりも4センチ伸びてます、さすが男子高校生の成長期。
ハイキタ推しです!!!!担当です!!!!!
端正な顔立ちですよね。わかります。
光くんの魅力は、なんでしょう、どうしても推しだから詳しく重たく話してしまいたくなるんですけど。
オーディション期間はあまり口数も多くなく、レッスンではよく叱られ、ダンスが小さいと怒られ、ぼーっとしてると評される光くん。
でも「こいつは大物になる」「眠れる獅子」って周りに言われてるんですよ。ポテンシャル高そうですよね?そうなんです。
前述した長谷川創多くんとは同い年の幼馴染。よく創多くんのおうちに入り浸ってます。高校も同じ、だけど光くんはあまり勉強が出来ないので長期休みの度に宿題に苦しんでます。Frepのデビューは彼の卒業にかかっていると言っても過言ではない。
今は年相応の男子高校生らしいところを存分に出してくれてます。よく笑うし冗談も好きだし。そういう光くんが私は好き。けど将来のこともグループのこともちゃんと真剣に考えていて。彼、デビューが決まった時泣かなかったんですって。まだまだ苦労すると思ってたから。3年間事務所バイトしながらお金貯めなきゃなって思ってたから。もうこれ雑誌で読んだ時死ぬかと思いました。推せすぎて。
「佐藤なのに塩対応」とはもう言わせない!
最高にアイドルの佐藤光くんをこれからも応援していく所存です。よろしくお願いします。

f:id:khsm-82:20160128034821j:image
譜久山 奏斗/ふくやま かなと (cv.石井マーク)
1996年3月20日生まれのうお座のO型、20歳。
身長178センチ、Frepのリーダーです。
CG(本人はあまりこのあだ名が気に入っているわけではありません)のように綺麗な顔をしています。
ファンのみんなのことを「姫君」と呼びます。爽やかで嫌味のない王子様。
ちなみにキャンディのみんなからはカナ様と呼ばれていることが多いです。
Frepをまとめあげてくれる頼れるリーダー。
写真を撮るのが好き。素敵な風景の写真をツイッターに上げてくれます。
サラくんと並んでいるのを見ると「お耽美だなあ〜〜〜〜!!!!!!」って思うんですよいつも…もう少し落ち着いた感想を持ちたいです
いちごが好きっていうのもお耽美です。



5人分、お付き合い頂きありがとうございました。
私が紹介できたのはほんの一部分にすぎません、もっと素敵なところが彼ら全員に存在します。それを見つけてほしいと思うのです。
cvは決定しましたがまだ彼らの喋っているところは公開されていません。
ってとこまで書いてデビューシングルのジャケット貼ってないことに気づきました!!!!

f:id:khsm-82:20160128040455j:image
Frep「恋のワンダーランド」
発売日:2016年3月30日
価格:2000円(税別)
製品特設ページ:http://fin8.net/koi1jaw/

こちらです。やばい。
見てわかる通りモチーフは不思議の国のアリスです。
細部にまでこだわったデザインです。本当にニノヤさんありがとう。
なんとこのデビューシングル、作詞をメンバーのサラくんが担当してます。
待ち望んだシングルがメンバーによって作られている………最高以外の言葉がでない。ニノヤさんありがとう。
ちなみにこのジャケット、Type-A盤のものなのであとBとCが待ち受けてます。生きるのが楽しくてしんどいです。
2月になれば試聴も開始されるでしょう。少しだけでもいいので気に留めておいて頂けると嬉しいです。


ここまで読んで頂いてありがとうございます。もう少しです!
最後に公式さんのURLを貼っておくのでぜひそちらの方もご覧ください。

<Starburst 公式サイト>

<S+h 公式サイト>

<Frep 公式サイト>

<ニノのイケメンおっかけブログ>
ニノヤのマスコットキャラクター、ニノさんのブログです。イケメンが大好きな黄色いナニカです。
オーディション期間に行われた彼らへのインタビュー記事や、ニヤニヤ動画(架空サイト)で放送された(という設定の)ロケ動画や反省会の様子をニノさんが文字起こししてくれたものが掲載されています!これ、とてもリアルで面白いからぜひ読んでほしい。みんなの素を垣間見ることが出来るのも嬉しい点です。

<公式Twitter>

メンバー(S+h、Frepどちらも)のタイムラインを追いたい場合はこちらのリストが便利です。

こちらのまとめがとても詳しく取り上げてくださってます。お時間があればぜひ読んでいただきたい。
アイドルプロジェクト『Starburst!』まとめ - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2141568415363796901


知って貰わないとそこから先には進めない。
少しでもこの子たちを知るとっかかりになれていたら嬉しいです。
拙文にお付き合い頂きありがとうございました。

2016.1.28 あきる